ふくとぽん

bikkuripon.exblog.jp
ブログトップ

みみ筋と保険

d0344913_09361012.jpg
d0344913_09362477.jpg
福くんはスコティッシュフォールドという猫で、耳が折れていました。
成長とともになんだか耳が立ってきています。笑
この折れ耳は成長過程で軟骨がうまく形成されない遺伝子の異常です。
この遺伝子の異常で発症する遺伝性骨形成異常症という爆弾を福くんは抱えています。
主に成長過程で多く発症し、稀に成長後に発症する場合もあります。
また発症しなくても関節が弱く、成長して体が大きくなると、
関節炎になることも多いようです。
福くんを譲り受けたブリーダーさんは折れ耳と折れ耳の交配はせず、
ママもパパも立ち耳でした。
幸い福くんは発症せずに済みました。
ただ、関節が弱いというのはまちがいないので、
高いところからの飛び降りや、体重が増えすぎは禁物だと思っています。
もうじき3歳になりますが、ペット保険の加入をどうするか?
そんな時こんな記事を目にしました。
長くなりそうなので畳みます。
ペット保険に興味の無い方はスルーでお願いします。





d0344913_13302528.png




ペット保険の闇、、、
こんなタイトルがつけられている記事にドキッとしました。
このブログの主さんはクレーマーか?
約定にちゃんと書いてあるのに難癖をつけてる?
このような記事を紹介していいのだろうか?
これを皆さんにお知らせするか3日ほど思案しました。
でもこの方の飼い主としての思いというのが、
痛いほど良く分かります。
ひしひしと伝わって来ました。
ペットの医療費はかなり高額になるので、
保険を検討されてる方も多いのではないかと思います。
加入する場合どんな点に注意が必要か、、、
少しでも参考になればという思いです。

ペット保険の闇

私の生命保険など旦那にまかせっきりで、知識もないのですが、
金融機関に勤めていた関係で、多少の企業側の言い分も分かります。
ただ、多くの人(消費者)は約定をよく読まず、
進められるまま、広告の文句を信じてしまいます。
美味しい言葉はあまり信じないで、よく吟味しないといけないですね。

最後に
病気のリスクはありますが、スコティッシュの愛らしさは素晴らしい。
福くんに出会えたことに感謝しています。



[PR]
by kazutanumi | 2016-09-05 10:38 | 暮らしと猫 | Comments(12)
Commented by p-bluepaper at 2016-09-05 11:17
リンク先、読みました。
腹黒さを感じずにはいられません。
審査があるとは驚きました。
我が家、幸いにも10年間で5回ぐらいしか通院していません。
必要に迫らなければ調べることも無かったと思います。
情報をありがとうございました。

Commented by pinochiko at 2016-09-05 12:29
有益な情報をありがとうございます。
「転載可」とのことですので、いつか私もこの方の記事を私のブログで紹介できたらと思います。
頭にくる!まったく!
Commented by pikorin77jp at 2016-09-05 14:18
耳筋トレですね。そういう病気があるんですね~~~ 初めてしりました。
筋トレ 私も 毎日やっていますが ふくちゃんと 一緒に頑張るニャンよ~~~!
Commented by tasukeai-maki at 2016-09-05 17:30
私も今まさに保険加入を検討中なので、益々悩みますね。。。
Commented by angelami at 2016-09-05 19:38
細マッチョの福くんですね(#^.^#)
保険、悩みますよねー(´Д` )
家族割りとかあればいいのに、5猫分となると悩んでいるうちにシニアになりそうです。多分、加入はないなー
Commented by kazutanumi at 2016-09-06 09:50
> p-bluepaperさん
おかきさんコメントありがとうございます。
人間の保険と同じではないと思わないとダメですね。
人とペットでは加入数が全然違いますから、たぶんペット保険の方は、ある程度の金額を支払ったら、審査がはいったり適応外にして、それ以上は払わないような仕組みになっているのでしょう。
これはどのペット保険も似たりよったりな感じです。
会社の収益を考えると仕方が無いのかな~。

ただ、問題はその点をちゃんと飼い主に説明しているか?
誤解を与えないような広告文になっていないかでしょうね。

Commented by kazutanumi at 2016-09-06 10:12
> pinochikoさん
ぴのさんコメントありがとうございます。
会社も収益を上げなくてはいけませんから、人間の保険と違って加入者の少ないペット保険は、ある程度の金額を支払ったら、審査や継続の際に既存病歴として適応外にするのでしょう。
問題はそれを飼い主に説明しているか、広告で甘い言葉で騙してないかっていう点でしょうね。
保険をかけてるから安心では無いようです。

福くんの掛かりやすい骨形成異常症は遺伝性なので、まず殆ど全部?の保険会社の適応外です。
それはそれは小さい字で注意書き程度にしか乗ってませんから、うっかりすると見逃しそうです。
飼い主の思いと、会社側の存続のための利潤追求とは、相反するものですね。
Commented by kazutanumi at 2016-09-06 10:19
> pikorin77jpさん
ぴこさんコメントありがとうございます。
福くんのパパとママは立ち耳同士なので、発症の確立は低くなるのですが、やはり安心は出来ないです。
なので、足に負担がかからない様に体重の管理をしています。

ぴこさん良く頑張っていますね~。私なんか毎日のウオーキングでさえサボりたくなる。大笑
Commented by kazutanumi at 2016-09-06 10:30
> angelamiさん
yummyさんコメントありがとうございます。
多頭飼い割引がある会社もありますよ。
でもね~5匹となると、、、家計圧迫間違いない!
保険会社も儲けが出ないとそもそも存続できないですから、人間の保険と違い保険をかけてれば安心というペット保険は皆無です。
あくまで自己負担の足しにしかならないようです。
ただ、広告等みてみると、これに入っておけば生涯安心的な文句が並んでますね。苦笑。
2匹でも悩んでますもん。5匹なら尚更でしょう。
まあいざという時に保険料払うぶん貯蓄しておくのも有りですね。
Commented by kazutanumi at 2016-09-06 10:55
> tasukeai-makiさん
ころたんさんコメントありがとうございます。
ヒロちゃんの傷も長いですし、100%自費ですから保険があったらなと思うよね。ただ、良く調べてくださいね。
たとえば福くんがいちばん対象にして欲しい骨形成異常症は遺伝性なので、どの会社も適応除外になっています。

緊急に異物を飲み込んで手術とか、急な発病の時は加入していて良かったという飼い主さんが多いのも確かです。
これに反して慢性的な病気の場合は契約切り替えの時に、審査したり既存病歴として適応外にしたりして損をしないような仕組みになっています。
保険会社も利益が出ないと存続できませんから、仕方が無いのですが、、、。
それでも調べると会社によって、耳のお手入れなども保険対象になっている保険もあったり、獣医さんと提携していて便利な保険もあります。なので、良く調べて比較するといいと思います。
Commented by bankanae at 2016-09-14 11:26
こんにちは イイネありがとうございました うちの猫も自己免疫疾患ですが出会えて良かったですq(^-^q) うちに来る運命だったと思っています
Commented by kazutanumi at 2016-09-14 20:26
> bankanaeさん
コメントありがとうございます。
自己免疫疾患というと、、、アレルギーとかがおきやすいのかしら?
そうですね~出会いって不思議ですね。
運命なのか、偶然なのか、必然なのか分かりませんが、出会って一緒に暮らして家族の一員ですので、障害があろうと病気を抱えていようと守っていくことに変わりは無いですよね。笑

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。