わぁ~お♪

d0344913_09264246.jpg
あらあら、、、


d0344913_09265400.jpg
Σ(・ω・ノ)ノ!









ペット保険についてこのところ少し調べたり、考えたりしていますが、
どの保険会社も内容的には似たり寄ったりです。
突発的な事故の手術(年1~2回)や急性疾患に関しては、
しっかりと保障される感じです。
誤飲による手術や骨折など多くの方が助かったと言っています。

ただし、予防的な措置(薬、サプリメント)などは適応外です。
また慢性的な疾患は契約切り替えの時に、
再審査や保障の適応の見直しが行われるようです。
福くんは遺伝性骨形成異常症という爆弾を抱えていますが、
この遺伝的要因による疾患はほぼ全部の会社が適応外としています。
こういう点をちゃんと分かりやすく表示してあるか?
会社選びの目安のひとつになりそうです。
保険会社も存続のために利益追求するのは当たり前のことです。
しかし、飼い主に誤解を与えるような過大な広告や、
説明不足になっている点も否定できません。

これから加入を考えている方は、
全部を保険でまかなえると思うと期待はずれで、
あくまで治療費の足し程度に考えて、
払う保険料と保障とバランスをとることが一番だと思います。
あともし保険会社が破綻(倒産)した場合に、
保険契約者が保護されるか?
数少ないですが損害保険会社のペット保険は保護されます。
掛け金が小額なのでその時はその時と割り切るか、
それもひとつの選択肢の条件とみるか、、、。

我が家では今まで 病院でお世話になったのは去勢とワクチンのみです。
今後どうするか?ぽんちゃんが3歳、福が5歳になる時点までには
良く吟味して、加入をしておこうと思っています。
今のところ候補は一社のみですが、良く調べて決めようと思います。





[PR]
Commented by p-bluepaper at 2016-09-07 11:37
高齢になると慢性疾患になりやすいから
頼りたいと思うのが利用者の心なのでしょうね。
更新時にそんなことが待っているとは…。
人間の保険の更新も恐ろしいです。
どんだけ上がるのってたまげます。
徐々に保証を減らして。
いづれにしても日頃からのエサの管理と
運動不足…
あはは、これも人間と同じですね。
Commented by pikorin77jp at 2016-09-07 11:40
今日も キマリ!の可愛い写真二枚。。。^^
我が家の今の猫たちも病院にかかったのは 避妊手術とワクチンのみです。が 前代猫 18歳まで生きたオス猫ゆきちゃんは 先天的な病気があり(腎炎) 治療費は18年間ではありますが50万円かかりました。あまりに治療費が高いので 保険にはいろうとしましたが 先天的病気は保険はきかないと言われました。
Commented by pinochiko at 2016-09-07 13:10
上手に隠せましたね(笑)

保険、悩みますね。
うちも近日中に使う予定なので、保険会社がどう出たか分かったら報告しますね。
Commented by leialoha-2007 at 2016-09-07 15:01
福ちゃん、ナイス🎶

うちの先代ネコは肝硬変に糖尿病の合併症に掛かったのがおりまして、それはそれは大変な日々でございました。
入院が2カ月(15万)、退院後はインシュリンを毎日注射。
病院食を毎日・・・。
恐ろしいほどの出費。
でも、原因はネコ用のオヤツでした。
その当時は、添加物の規制があまり無かったそうです。
そう、飼い主が原因なのです。
今振り返ると可愛そうだったと思います。
保険が出たばかりの頃で月に1万5千円だった事を記憶してます。
Commented by akikochoco0623 at 2016-09-07 15:31
空クン、誤飲で生後六ヶ月にして、手術です。
と言っても、開腹せずに、内視鏡で済みました。
空クン、猫風邪もあるし、病院ばかり行っています。
しかもタマタマが一個落ちていないそうです。
ちゃんと落ちないとこれまた開腹手術?
やれやれです。
ちなみに四匹ともアニコム動物保険に入っています。
年間の保険料だけでも破産しそうです!
Commented by tasukeai-maki at 2016-09-07 20:12
フクくんセクシィ~♪
仲良く二人で並んでる姿は癒されますねぇ(*^^*)

保険、丁度今リアルタイムで検討中なので、お勉強になります!
でも、決定するのは難しいですね(>_<)でもそろそろ決めないと。。。
って感じです(*^^*)
Commented by sippohapu-rinrin at 2016-09-08 00:01
福くん…セクシーダイナマイツ!ですネ!(*^^*)
そんな魅力が隠されていたとは~~
また ぽんちゃんの、あっちの方を向いての一言も効いてます~(笑)

保険のお話、かずたんさん ご英断ですニャ…
オーナーの考え方次第ですよネ
加入の有無も含めて 最初に後悔なきようじっくり吟味するのが最良ではないかと~o(^o^)o
Commented by kazutanumi at 2016-09-08 09:49
> p-bluepaperさん
おかきさんコメントありがとうございます。

保険はあくまで緊急の事故や急性疾患用と割り切ったほうがいいようです。慢性疾患も発病したその歳は保障されるけど、次の更新では見直される可能性が大です。
人間の保険も同じようなものでしょうか?
車などの保険は一度使うとガーンと保険料がアップしますしね。
Commented by kazutanumi at 2016-09-08 09:59
> pikorin77jpさん
ぴこさんコメントありがとぐございます。
18年間とはいえ50万かあ~。掛かりましたね。
当然飼い主は、継続的に治療が必要な時ほど保険が使えたらと思いますよね。しかしそれをカバーすると、収益が上がらず会社自体がもたないという、、、。なかなか上手い話はありません。笑
Commented by kazutanumi at 2016-09-08 10:03
> pinochikoさん
ぴのさんコメントありがとうございます。
このポーズに夫婦2人でわ~お❤と大笑いでした。
保険はいってらしたのですね、、、多分今回は契約どおり出ると思いましが、次回の契約の更新のときが問題ですね。
遅くても5歳になるまでに入っておこうと思うので、情報が欲しいです。
報告宜しくです。
Commented by kazutanumi at 2016-09-08 10:37
> leialoha-2007さん
コメントありがとうございます。
月に1万5千円、、、当初は保険料が凄い高かったんですね。
それでどの範囲までカバーしてたのでしょう。
最近はよくペットのアレルギーを耳にします。
原因は小麦粉、トウモロコシ、鶏肉などのようですが、私は材料そのものより、加えられてる添加物や、残留農薬、残留添加物が危険だと思っています。
アメリカ産のカリカリには、さらに合成ビタミン類が多く加えられています。中には人には禁止されているものもペットは可になっていたりします。合成ビタミン剤自体は問題なくても、その配分量が問題で、長年食べ続けて小さい体に蓄積した時に、どんな弊害が出るのか?アレルギーかな?と思ったらいったんご飯を見直す事が大事ですね。
ついつい熱が入りすぎて長くなってしまいました。お許しを。
Commented by chobichobi729 at 2016-09-08 10:58
おはようございます。
先日は優しいコメント有り難うございました。
福君の余りの可愛さに吹き出しちゃいました。

前飼っていた柴が晩年癌で、手術費25万と言われました。
娘が高齢(その時14でした)で、そんな痛い思いさせるのは可哀想と泣くので困っていたら、お爺ちゃん獣医さんを紹介され、もう儲けは考えてないからと、毎月無料で抗がん剤を打って下り、16と半年生きました。
有り難かったです。
でも、次の子達(柴わんこやにゃん太郎)の事考えていかないといけないですね。
今回、かずたんさんのお蔭で、色々考える機会頂きました。
Commented by kazutanumi at 2016-09-08 11:02
> akikochoco0623さん
コメントありがとうございます。
空くん大変だったね。誤飲は興味津々の子供の頃が一番怖いです。
でも開腹しないですんでよかったです。

タマタマが1個しか落ちてないのか~これも心配ですね。
男の子はたまにあると聞いていましたが、、、。
保険料も4匹となると結構な額になりますね。
2匹でも思案してる。大笑

Commented by kazutanumi at 2016-09-08 11:08
> tasukeai-makiさん
ころたんさんコメントありがとうございます。
どの保険会社も加入年齢が制限あるので、加入するなら7歳ぐらいまでを目処にしないといけないですね。
飼い主は高齢になってからの病気を手厚く保障して欲しいと思いますが、そういう保険は皆無のようです。
発病した最初の歳は保障してくれるけれど、慢性化した場合次年度の契約切り替えの時は保障外になる場合があります。
それでも発病した時だけでも助かることは事実なので、うちの場合は加入の方向です。
Commented by kazutanumi at 2016-09-08 11:13
> sippohapu-rinrinさん
りんりんさんコメントありがとうございます。
もうね、この姿見たときは旦那と爆笑でした。面白いよね。

うんうん。確かに飼い主としては発病して慢性化したら、
手厚く保障して欲しいのは分かります。
でもね発病した時だけでも助かるのは事実なので、家計と相談して保険料と保障とのバランスを考えて加入の方向です。
Commented by kazutanumi at 2016-09-08 11:35
> chobichobi729さん
ちょびんこさんコメントありがとうございます。
高齢の場合は迷いますね。手術費のことは別にしても14歳の年齢なら多分私も半々だと思います。
2年半も、、、。お爺ちゃん獣医さんに感謝ですね。
上手に病気をコントロールしたのではないかな。
保険はいざという時の、まあお守り程度に考えて、全部保険でまかなえると思うと期待はずれになるようです。

しかし、、、獣医さんにも赤ひげ先生のような人がいるんですね。
ちょっと感動。
Commented by box_ricefield at 2016-09-11 14:50
保険は、掛けたつもりで、その分ちゃんと貯金しようと言う結論をだしてはいましたが、今回の記事を読ませて頂いて『ああ、やっぱり間違っていなかったな。』って私は思いました。
発病したその年だけ保険が使えて、見直しの際に除外になるって、やっぱりズルいって思います。リンク先の方の言い分は間違っていないと思いました。将来的にも入るつもりはなかったですが、非常に参考になりました。ありがとうございました。
Commented by kazutanumi at 2016-09-11 20:05
> box_ricefieldさん
はこさんコメントありがとうございます。
現状慢性的な病気は発病した初年度のみと覚悟しておかないと、裏切られたような気持ちになりますね。
突発的な事故や手術はそう起きるものではないし、飼い主としてはシニアに入って慢性的な疾患にこそ保険を当てたいですが、そう上手くはいかないようです。問題のあった保険会社も加入年齢の引き下げがあり7歳までとなっています。
それならば毎月保険料程度積み立てていくというのも賢いかと思います。悩ましいです。笑
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kazutanumi | 2016-09-07 10:54 | 暮らしと猫 | Comments(18)

にゃんライフ


by かずたん
カレンダー