ふくとぽん

bikkuripon.exblog.jp

にゃんライフ

by かずたん
最新の記事
ペロリンコ拡大写真
at 2017-04-22 09:01
チロ出し
at 2017-04-21 09:11
予感
at 2017-04-20 08:00
気持ちいい日
at 2017-04-19 10:56
読み逃げは辛い
at 2017-04-18 20:53
以前の記事
検索
メモ帳
ブログ作成のお助け049.gif

バナー作成
バナー工房
◎パソコン用◎ 
PhotoFiltre7
carova お試し版
◎ipad、スマホ用◎
pohoto carova moldiv

無料素材
photo library
百花繚乱

ダウンロード会員登録は
自己責任でお願いします

猫の病気
猫とマタタビ
危険な食品

更年期過ぎの女性は飲んじゃだめ
健康診断の基準値はウソ
コレステロールについての本当の話し
多剤投与の害悪



健忘録
外部リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

思いを寄せて

6年前、、、
2011年3月11日午後2時47分 東日本大震災がありました。
震源地三陸沖 最大震度7 死者行方不明者2万人以上。
福島第一原発事故が発生。

昨年の記事にその時の我が家の様子を書いています。
そして大震災から6年 いまだに原発事故関連で避難者12万人。
箱ものなどの復興は徐々に進んで来ているとはいえ、コミュニティーが壊れ、高齢の被災者の方々は生活の立て直しが困難でしょう。
そういう方々のために税金を使うことは、やぶさではありません。

そして昨年あたりから福島から避難している子供へのいじめが表面化しています。
子供というものは正直で、時にとても残酷です。
子供から発せられる言葉や行動は、大人の鏡でもあります。
親の会話、先生の対応や態度、大人の考えや思想姿勢がそのまま映しだされてるのではないでしょうか?

想像してみてください。
大きな地震に襲われ、津波で我が家が流されて、挙句に原発のメルトダウンです。
やっと命をつないで他の地に仮住まいして、住んだ街で、通った学校で理不尽ないじめにあう。
こんな残酷なことはありません。

優しさや思いやりのない子供は大人が作り出しています。
大人が恥じなくてはいけません。

そして原発事故に掛った費用や、これから廃炉に掛るであろう費用が、いつの間にか私たちの電気代に値上げとして含まれています。我が家についてる太陽光発電の買取金額も下がっています。
原発事故後、役員報酬や社員の給料等大幅カットされましたが、現在は黒字経営ということで事故前と同じ程度まで戻ったということです。
国から補助金があるとはいえ、原発事故の後処理にお金がかかってるはずなのに、なぜ黒字にとおもいませんか?
それは私たちの電気料を値上げしてのことです。
仕組み的には関西電力も同じでしょう。
足りない分はこそっと値上げしてるのです。
そうけっして原発は安い電気などではないのです。

私は原発には反対です。
廃炉のめどが立たないものを作り続けたり、動かし続けることの恐怖。
一度事故を起こしたら、その地域丸ごとダメにしてしまうのです。。。

あの日のこと 犠牲になった人達や 今困難に立ち向かっている人たちに
思いを寄せて忘れないように。


d0344913_08534881.jpg

[PR]
by kazutanumi | 2017-03-11 10:10 | 暮らしと猫