ふくとぽん

bikkuripon.exblog.jp

にゃんライフ

by かずたん
最新の記事
梅雨が明けて
at 2017-07-22 09:37
飼い主のお願い
at 2017-07-19 09:12
放熱中
at 2017-07-17 09:26
暑中お見舞い
at 2017-07-15 09:49
続き
at 2017-07-13 10:13
以前の記事
検索
メモ帳
犬の十戒 猫の十戒
猫の感染症 猫ヘモプラズマ
猫の病気
猫とマタタビ
危険な食品

更年期過ぎの女性は飲んじゃだめ
健康診断の基準値はウソ
コレステロールについての本当の話し
多剤投与の害悪

ブログ作成のお助け049.gif

バナー作成
バナー工房
◎パソコン用◎ 
PhotoFiltre7
carova お試し版
◎ipad、スマホ用◎
pohoto carova moldiv

無料素材
photo library
百花繚乱

ダウンロード会員登録は
自己責任でお願いします




健忘録
外部リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

2017年 04月 02日 ( 1 )

お知らせ

朝一番で悲しいお知らせが届きました。
「雑記帳~信州の東の方で」pinochikoさん家のフクちゃんが旅立ちました。
本当に悲しい。
昨年の夏からの闘病でした。
大きな手術を乗り越えて頑張っていたのにね。
フクちゃんもですが、pinochikoさんと旦那様もしんどかったと思います。
フクちゃんはお鼻に模様のあるお顔で、実にどっしりとした性格で優しくて、
一緒に暮らしているのんちゃんの大好きなお兄ちゃんでした。
この4~5日のんちゃんは、フクちゃんの傍に居たがっていましたね。
やはり何か感じていたのでしょうか。。。
そしてメイちゃんも大好きで、フク兄ちゃんには従っていました。
このメイちゃん、、、もしかしたら猫神様のプレゼントかも。
フクちゃんを亡くした時の悲しさを少しでもと、考え過ぎか、、、。

夏からの8か月、フクちゃんはpinochikoさんと旦那さんのまだそばに居て欲しいという願いを受け止めて、頑張ってくれたのでしょう。
飼い主の覚悟が決まるのを待っていたのかもしれません。
そんな男気のある子でしたね~。

いつかは訪れる飼い猫とのお別れですが、お二人にかける言葉が見つかりません。

哀悼の意を表していつも花と花言葉を添えるのですが、フクちゃんといえばコスモスが浮かびます。
闘病中にお散歩していた、青空とコスモスとフクちゃん。
d0344913_10543126.jpg
フクちゃん よく頑張ったね






d0344913_20355686.png

[PR]
by kazutanumi | 2017-04-02 11:01 | 暮らしと猫