ふくとぽん

bikkuripon.exblog.jp

にゃんライフ
最新の記事
ひとたらし猫!
at 2017-08-19 19:25
夏休みの宿題
at 2017-08-18 09:23
帰宅しました
at 2017-08-16 23:52
盆休み
at 2017-08-12 22:30
ストレッチ♪
at 2017-08-11 09:06
以前の記事
検索
メモ帳
犬の十戒 猫の十戒
猫の感染症 猫ヘモプラズマ
猫の病気
猫とマタタビ
危険な食品

更年期過ぎの女性は飲んじゃだめ
健康診断の基準値はウソ
コレステロールについての本当の話し
多剤投与の害悪

ブログ作成のお助け049.gif

バナー作成
バナー工房
◎パソコン用◎ 
PhotoFiltre7
carova お試し版
◎ipad、スマホ用◎
pohoto carova moldiv

無料素材
photo library
百花繚乱

ダウンロード会員登録は
自己責任でお願いします




健忘録
外部リンク
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2016年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ぼくらしく 福編

d0344913_08173922.jpg
そうね♪


d0344913_08173294.jpg
d0344913_08172673.jpg
d0344913_08171645.jpg
d0344913_08170739.jpg
・・・・


d0344913_08170280.jpg
Σ(・ω・ノ)ノ!



d0344913_14264962.png



[PR]
by kazutanumi | 2016-10-30 08:22 | 暮らしと猫 | Comments(34)

同居1年経ちました

d0344913_09372070.jpg
2015年10月25日
ぽんが我が家にやって来た

d0344913_09222894.jpg
同居して1年

目立ったトラブルも無く過ぎました
それでも福くんはそれまでの生活が一変して
ストレスを少し感じていたのかなと思います
同居10か月頃過ぎたころから
本当の兄弟になったと感じられるように

福は福らしく ぽんはぽんらしく
毎日エンジョイニャンライフ♪



d0344913_13302528.png

[PR]
by kazutanumi | 2016-10-28 10:12 | 暮らしと猫 | Comments(38)

虹の橋

猫と夕焼けのトラちゃんが旅立ちました。
ママさんとパパさんの悲しみをお察しします。
一杯泣いたら楽しい思い出を思い出してください。
余り嘆きすぎるとトラちゃんも悲しみます。
d0344913_11104498.jpg



作者不詳の虹の橋は1部2部とあって、
それに加えた3部に当たる『雨降り地区』というのがあります。
『雨降り地区』は日本の柴山弓子さん作です。
虹の橋の詩を見たとき大変感動しましたが、
柴山弓子さんの『雨降り地区』に心動かされました。



虹の橋 一部  

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。
病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
…まるで過ぎた日の夢のように。
みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんがここにいない寂しさのこと…。
動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。
突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。
それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです…。


************************
二部

けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。
打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。
仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かさんと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。
この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。
地上にある間、そんな人は現れなかったのです。
でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます。
その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。
生きている間、彼は動物と暮したことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。
ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。
そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。
そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。
地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かさんと、その愛する友として。
今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。
彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。

            和訳はこちらからお借りしました。
************************
雨降り地区 (柴山弓子作)

こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシトと冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。
大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも…。
でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、
出て行かない子達もいるのです。
地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているのです。
ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。

彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。
命の儚さと愛しさを。
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。
その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。
思い出してください。
動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。
それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。
信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから…。


[PR]
by kazutanumi | 2016-10-26 11:57 | 暮らしと猫

奥日光紅葉狩りと滝巡り

今回は奥日光に紅葉狩りに行ってきました。
当初24日はゆっくり午後出発し、ホテルでのんびり宿泊して、
翌25日混雑を避けて朝早く紅葉狩り&滝巡り3か所という計画でしたが、25日の天気が怪しくなったので、急きょ予定変更。
24日の朝8時半頃出発しました。
所々渋滞していましたが、12時ごろ奥日光に到着。

d0344913_17113612.jpg
湯の湖
d0344913_17114585.jpg
水が澄んでいてとても綺麗
d0344913_17115365.jpg
湯の滝 滝口
滝を下から見上げることが多いですが
滝の上から滝つぼに向かっていきました
d0344913_17120813.jpg
下りの途中 見事な紅葉
d0344913_17122049.jpg
滝つぼに到着
真っ青な空と紅葉と滝
ちょうどいい見頃

湯の湖1周3キロの滝を見ながらのハイキングコースの後 竜頭の滝に向かいました。
d0344913_17123307.jpg

こちらは駐車場に止めるのも渋滞で人も多く、ゆっくりできませんでしたが、TVで紹介されてた日光揚げ雑煮を茶屋で頂きました。ちょっと最後は油が気になりましたけど、美味しかったです。
紅葉の時期とあってホテルも道も混雑していましたが、ちょうどいい紅葉が見れて満足。

留守中の福とぽん
d0344913_17111924.jpg
あっ!ペットシッターのおばちゃんにゃ?
d0344913_17111404.jpg
はやくだしてにゃ!

ぽんちゃんは相変わらず期待に応えてくれますね。037.gif
何故そこに砂よけタオルがはいってるんねん!
うんpとおしっこ くちゃ~い!でしょうか?






[PR]
by kazutanumi | 2016-10-26 08:17 | 暮らしと猫 | Comments(20)

日光紅葉狩り

娘がiphoneで撮った写真です。
自然な感じでよく撮れています。
ipadで撮ると、猫に向ける面が大きいから警戒するのかしら?
視線を逸らしたり、移動しちゃいます。
ん~究極の爪切りより、iphone?悪魔のささやき。(笑)
さて日光に紅葉狩りに行ってきます。
娘がまたペットシッターで様子を見に来てくれるので安心して行ってきます。

d0344913_17140651.jpg
d0344913_17141148.jpg
d0344913_17141778.jpg
d0344913_17142454.jpg
2階でバトルばかりじゃなく仲良しなんだね~053.gif




[PR]
by kazutanumi | 2016-10-24 08:00 | 暮らしと猫

まごまご襲来♪

ママだけ猫カフェ行っててずるいとクレームがあったようで、
久しぶりに孫が遊びに来ました。
いつの間にか我が家が猫カフェ扱いに、、、037.gif
福とぽん、頑張って接待してくれました。
d0344913_09195357.jpg
ぽんちゃん猫じゃらしに引き付けられて


d0344913_09550307.jpg
d0344913_09550830.jpg
d0344913_09200015.jpg
あっちいったりこっちいったり


d0344913_09200441.jpg
Σ(・ω・ノ)ノ!


d0344913_09201352.jpg
なでなで攻撃!037.gif


d0344913_09333692.jpg
お疲れさん♪ 

賑やかに食べるご飯は美味しいですね
体重が一気にアップです





[PR]
by kazutanumi | 2016-10-23 09:58 | 暮らしと猫 | Comments(28)

強い地震

鳥取県で午後2時ごろ震度6弱という強い地震が発生したようです。
近県の岡山県 島根県も震度4とか、大変強い揺れで被害の拡大が心配です。
各原発は異常なしのとのこと、、、本当でしょうね。

やっぱり再稼働は反対です。

地震のお見舞い申し上げます。
2次災害等お気をつけてください。


d0344913_18103309.jpg
猫ちゃんたちも安全なところに避難してるといいね~。



d0344913_14264962.png



[PR]
by kazutanumi | 2016-10-21 18:26 | 暮らしと猫

究極の迷い

d0344913_09541573.jpg
あのね、ぱぱしゃん爪切りが欲しいんですって
しかも究極の爪切りとか、、、これね


d0344913_09542617.jpg
切れ味抜群というけど、値段がね~
ポチるか、ポチらないか、、、(笑)

ブログ2年目の第一歩がこれとは、、、とほほ。




[PR]
by kazutanumi | 2016-10-20 10:00 | 暮らしと猫 | Comments(28)

ブログ開設1周年

ぽんの成長記録と思い始めたこの拙いブログですが、
今日で1周年を迎えました。
身内限定と気軽に始めましたが、
いつの間にか沢山の方と猫ご縁がつながりました。
お陰様で毎日楽しく過ごしています。
ありがとうございます。

これからもユーモアを忘れず、おやぢぎゃぐ目線で、
楽しく記事をお届けしたいと思っています。

うっかりミスや失礼な発言があるかもしれませんが、
笑って許していただけたら嬉しいです。
これからも変わらずよろしくお願い申し上げます。

日々の平穏に感謝
福とぽんにありがとう♪

d0344913_10421449.jpg




おまけ
[PR]
by kazutanumi | 2016-10-18 11:42 | 暮らしと猫 | Comments(52)

ブラッシング

d0344913_09595583.jpg
ぱぱさんにブラッシングしてもらって
今日も気持ちがいいね ♪


d0344913_10000035.jpg
次はぽんちゃんよ~


d0344913_10000475.jpg
そういわずに、、、
ちゃんとブラッシングしないと
福くんが毛玉吐くんですけど!031.gif


ぽんちゃんはあまりブラッシングが好きではありません。
この洗濯籠に入れてやっとです。
でも不思議と毛玉は吐いたことがないです。
福くんは毎日のようにブラッシングしても、毛玉をよく吐きます。

ぽんちゃんはどうも体を触られるのが嫌なようです。





d0344913_13302528.png

[PR]
by kazutanumi | 2016-10-17 10:17 | 暮らしと猫 | Comments(26)